IT業界の人は結構優しい人が多いと思ったお話

先日業務中に困ったことがあった。
その時にいろんな人が優しいかったんですよ。

IT業界にいる人のなんとなくのイメージ

就職する前はなんとなくIT業界の人って一人でカリカリプログラムを書いてる人が多いんじゃないかとか、
頭良すぎて気難しい人が多いんじゃないかとか、結構ネガティブなイメージが正直あった。

実際そういう人もいるけどw
なんとなくそんなイメージがあった。

先日発生した出来事

きっとIT業界で仕事をされている方にはわかってもらえると思う(わかってもらえると信じている)が、技術的なことでなぜかエラーが発生してそこから先に進めないということってあると思う。

ググってもよくわからないし、そのシステムの前任者に聞いてもわからないし、別のマシンでは正常に動いてるし、みんなそんなエラーに遭遇していないみたいでなかなか検索でヒットしない。なんとか回避策は見つかったので、とりあえず作業は進められる状態。

回避策は見つかったからいいんだけど、ちょっとめんどくさいから作業効率が悪いから時間的な制約はあるけど、できれば原因を突き止めて修正したいなぁと考えていた。

上司や先輩が普通に相談に乗ってくれる

そんな状況でちょっと一旦トイレでも行って頭の中を整理するかと思って席を立った時に同じタイミングで上司も席を立ったから、ちょっと相談しようと思った。

「すみません、もし知っていたら教えていただきたいんですが、○○のことで困ってるんですが、○○に詳しい方誰かご存知ないですか?」

って聞いたら、
「うーん、○○かぁ。僕はわからないけどAさん(私の10年ぐらい先輩)なら知ってるかもしれないよ。」

有り難い。

まぁとりあえず回避策もできたし後で午後の打ち合わせ終わった後にメールで聞いてみようかなぐらいに思っていたら、その上司から
「Aさん、アンダーソンくんが○○で困ってるみたいだから、よかったら聞いてあげて」
っていうメールを出してくれてる…!
なんて優しい上司なんだ…。

そんな行動をしてくれたことが嬉しかったので、すぐにAさんにメールで質問した。
すごい忙しい方なので、
「わざわざ調べたりしなくて大丈夫なので、もしご存知だったら教えていただけると嬉しいです」
という内容のメールを出しておいた。
まぁ今日中に返ってきたらラッキーかなとか思っていたら30分ぐらいで返信が来た!

メール見てみるとちょっと調べてくれてる…(´;ω;`)ブワッ
なんて優しいんだ…。
しかもそのシステムのこと知ってるみたいで、
「そのタイミングでのエラーはこういうパターンぐらいしかないので、ほげほげ~」
って教えてくれた(´;ω;`)ブワッ

いい人だなぁ。

このやり取りの前に前任者に口頭で質問していたので、そのメールを待っている間に
「一応回避策は見つかったから大丈夫そうです」
という旨の報告のメールを出しておいた。

そしたらその人もちょっと調べて返信をくれて、
「もしかしたらこんなプロセスが動いててこのサービス止めたら動くかもしれないよ~」
ということまで教えてくれた(´;ω;`)ブワッ

ホントいい人たちだなぁ。

社外の友人や知り合いが相談に乗ってくれる

そういえばあの人が前に作って公開したシステムって今使ってるフレームワークと同じだよなぁとか思ったり、
そういえばあいつ結構この言語詳しいし分野的には同じだからもしかしたらこのシステム使ってるかなぁとか思って、
連絡を取ってみた。

こちらも先輩と同じく
「わざわざ調べたりしなくて大丈夫なので、もしご存知だったら教えていただけると嬉しいです」
というスタンス。

そしたら結構早いタイミングでレスポンスをくれて、
一人は、「そのエラーは知らないけど、ちょっと調べてみたけどほげほげ~」って言ってくれるし、
もう一人は、「そのシステムは使ったことないけど、ちょっと調べてみたけどほげほげ~」って言ってくれるし、
お二人とも調べて返信してくれてる…(´;ω;`)ブワッ

有り難いなぁ。本当に。
いや~、いい人たちだ。

いろんな人がいろんな質問に答えてくれる

最近月に1回か2回ぐらいのペースで勉強会に行くようにしていて、その勉強会の懇親会はなるべく参加するようにしている。

同じ勉強会の懇親会だと何度か参加すると
「あ、前回もいた人だ」
ってちょっと仲良く話せたりする。

大体セキュリティ系の勉強会なんだが、そこに来てる人は急にシステムの診断業務を任されて困ってる人や脆弱性診断をしている人やSOCに入っていたりする。
もちろん秘密にしないといけない内容を話すことはないし、こちらからもそれを要求することはないが、興味があって、どんな業務内容なのかとか忙しい時期の波があるのかとか、いろんなことを質問しても嫌な顔せず答えてくれる。

IT業界にいる人のイメージは決して悪くない

この業界で仕事をして思ったけど、結構優しい人って多い。
なんで優しい人が多いのかなと、以下のことを考えた。

たぶん
「今までの道のりで過去に苦労をしてるから、
同じような苦労をしてる人を見るとちょっと背中を押してあげたくなる」
んじゃないかなと。

私自身もプログラミングの勉強を始めたときに色々と苦労をしたので、
プログラミングを勉強している人が躓いていたら教えてあげたくなる。
たぶんそれと同じことを先輩や上司もやってくれているんだと思う。
「苦労をしてきた人が、今苦労をしている人の背中を押してあげる」という連鎖がなんだかできているんだと思う。

もちろんそうじゃない人もいてw
これはどこに行っても変わらないことだと思う。

まとめ

IT業界は、程度的な意味でも人数的な意味でも結構苦労している人がいて、まぁそういう人がキーマンになるからそういう人に仕事が集まってしまう傾向にあるんだけど、苦労をしている人はきっと優しい人が多いんじゃないのかなと思った。

自分もそうでありたいなぁ。
優しい世界でありたいですね。

0

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする